これであなたもモテモテ ワインの匂いの構造 ワインテイスティングのコツとは

女性をレストランに連れて行ってワインについて聞かれることはありませんか?

今回はワインの匂いについてご説明したいと思います。

 

ワインテイスティング

アロマワインの試飲の経験は、それがどのように見えるか、においと味の組み合わせです。

 

ワインの鼻や香りが味の最も強力な指標になると言う人もいます。

 

香りはワインの味の85%を占めます。

 

ワインの香りは、強度、年齢、木、果実、非果実(スパイスやアースのような)の特性を調べる箇所です。

 

サーバーやソムリエとして、ワインを嗅ぐためのシステムと、ワインの性格とその起源についてアロマがどのようなことを明らかにできるかを学ぶことが重要です。

 

これらのステップと付随する語彙は、貴女がワインを話したり、他の人を教える事をより気持ちが良いにするのに役立ちます。

 

ワインの匂いをかぐ技術ワインの香りでスタート出来ましょう。

 

貴方の鼻のもう下にガラスを保持し、ベースラインを設定するワインの男女の嗅覚を与えます。

 

現在、ワインを渦巻く。

 

これはワインを気化させ、芳香族化合物を放出させるので、香りと味が異なります。

 

さあ、長いスロー・スニッフを取って、さまざまな特徴を自分のものにする時を与えてください。

 

ガラスの色々な領域をスニッフィングすると、ガラスの下側の唇の近くに豊かな果実、上唇に花の香りや揮発性のエステルなどの異なる香りがもたらされます。

 

ワインに欠陥?

コルクの汚れ、酸化、揮発性の酸性度、過剰な二酸化硫黄などが発生する可能性があります。

 

以下の欠陥の詳細を参照してください。

 

ワインの欠陥ワインの略歴や外観のどの面がワインの不具合であるかを知る事は肝心です。

 

開かれていないボトルを調べ、そこから進んでください。

 

以下に記載されている障害のいずれかは、ボトルがリスキーにさらされている確率があり、新しいボトルを開ける事を検討する必要がある事を示します。

 

処理されたコルクが塩素化フェノールと反応して化合物TCAを生成し、ボトルを汚染すると、トリクロロアニソール(TCA)汚染または「コルク処理」ワインが生じます。

 

コルクのワインはぬれた犬や凍った厚紙のようなにおいがあり、高価なものから安いものまであらゆるレベルのワインで起こることがあります。

 

ワインがボトルに十分な酸素を持っていない事例、還元が行われます。

 

この欠陥は、ゆでたニンニクとキャベツの香りがもち味です。

 

ワインが酸素に暴露されるとワインの酸化が起こり、褐色と味のあるものが特徴です。

 

太陽やスーパーマーケットの照明に暴露されると、UVによる損傷や「軽い打撃」が起こります。

 

白ワインは特にこの脆弱性があり、キャベツやウェットドッグのアロマが特色です。

 

熱によるダメージや「調理された」ワインは82度を超える温度に達し、フラットな風味と茶色の色合いが特徴です。

 

Spritzは発泡酒ではなく、発酵が完了していないか、予期しない2回目の発酵を行っている事を意味します。

 

これが起こると、ワインは酵母粒子が残っているために若干濁っているかもしれません。

 

ワインに欠陥がないと結論がでたら、ワインに含まれるさまざまなフルーツの香りを探検してください。

 

 

ワインの構造

甘味「甘さ」という言葉は、味を示唆しているので混乱する確率があり、甘い香りのワインは実際には甘味を感じないかもしれません。

 

しかし、あなたは甘さを感じることを示すかもしれないアロマの熟成を嗅ぐ事ができます。

 

ワインは、ワイン中の残渣糖(またはRS)の量に基づいて甘味を味わいます。

 

甘さは口の前または舌の先端近くで感知されるのです。

 

甘さの欠如は「乾燥」と言われていますが、ワードの典型的な意味では乾いていません。

 

甘くないだけです。

 

ガラス中では、旋回したワインの粘度または厚さによって甘味が観察されることがあります(ただし、粘度はアルコール含有量を示す事もある)。

 

酸性度は、あなたの口の上に痛みを誘発し、あなたの口に水分をもたらし、他にもは貴女の口の屋根に「粗い」感覚を生じさせる見込みがあります。

 

酸性ワインは、他のワインよりも体に軽い性質があります。

 

低い中低中中高高いタンニンタンニンは、ブドウや劣化した樽の皮や種子に由来する天然物質(フェノール性苦味化合物)です。

 

これらのワインは皮で発酵するので、タンニンは赤ワインに含まれています。

 

ワイン中のタンニンの量は、それがどんな感じで味わうのではなく、どれくらい乾かすしてワインが貴女の舌を感じさせるかによって測定されます。

 

けれども、甘さのためにワインを味わうケースは乾かす感とは異なり、タンニンは文字通り貴女の舌の上で乾くように感じます。

 

ワインのアルコールは、あなたの喉の後ろと舌の真ん中の熱感によって識別できます。

 

より高いレベルのアルコールは、貴方の鼻または口蓋を燃やす感覚を与えるでしょう。

 

ガラス中では、アルコール含有量は、旋回した後にガラスの上を流れる遅い「涙」または「脚」の影響によって示され得ます(ただし、これらはさらに、砂糖またはオークからのものでもよい)。

 

 

どうでしょうか?

これであなたもワインのウンチクはバッチリですね。

あとはどう嫌われない範囲内で女性にうまく優しく説明してあげれるか、ですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*